東映ビデオ株式会社

仮面ライダー電王 VOL.8


  • 発売メーカー : 東映ビデオ株式会社
  • 楽天市場での最安値 : 円~ (平均価格
  • アマゾンでの価格 : 円~
  • ヤフーでの価格 : 0円~
  • 楽天販売ショップ数 : 2825店
  • Y!Shopping販売ショップ数 : 1店
型番 / JAN
発売日
平均満足度
  • 評価レビュー : 4.9 楽天での 口コミ件数: 0件
  • 評価レビュー :  Amazonでの感想件数: 0件  
説明
販売ランキング

同じカテゴリーの人気の商品は?

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
親子二世代で楽しめる、ウルトラマン・シリーズ40周年記念作品。監督・特技監督はウルトラマン映画ではおまじみの小中和哉。TVシリーズ「ウルトラ マンメビウス」とのリンクも織り込みつつ、スケールの大きな物語を楽しく見せてくれる。 本作のトピックは、ハヤタ、モロボシ・ダン、郷秀樹、北斗星司といった歴代変身前ヒーロ(バンダイビジュアル)
ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念DVD ウルトラマン・ヒストリー (赤の章)
(バンダイビジュアル)
ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ
(バンダイビジュアル)
ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念DVD ウルトラマン・ヒストリー (銀の章)
(バンダイビジュアル)
ウルトラマンメビウス Volume 8
第29話「別れの日」において、ついにミライの正体がメビウスであることがリュウに知られてしまい、30話「約束の炎」ではGUYS全員がそれを知る ことになる。これまでのウルトラマン・シリーズで、シリーズ中盤にしてウルトラマンの正体が公になるという展開はなく、そういう意味で「ウルトラマンメ ビウス」は掟破りのシリーズ構(バンダイビジュアル)
ウルトラマンメビウス 激闘!ウルトラマンヒカリ
(バンダイビジュアル)
ウルトラマンメビウス Volume 13 (最終巻)
いよいよ最終回。「最終3部作」と銘打った全3話は、暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人が、ついに地球に到来。その前座として、漆黒の機械獣インペライザーが複数襲来するという、いやがおうにも期待が高まる導入部。ところが、四天王篇の不調を引き継いだかのように、緊張感のないドラマが続く。ザムシャーの活躍と格好良さは、原口特技監督の(バンダイビジュアル)
ウルトラマンメビウス Volume 7
第26話「明日への飛翔」では、その外観から「もしかしたら…?」と思われていた、CREWGUYS基地フェニックス・ネストがやっぱり飛翔。ヤプールの侵攻を未然に阻止するというエピソード。ミサイル超獣ベロクロンが、板野一郎CGIモーション・ディレクターの手でミサイルを土蜘蛛状に発射する(所謂“板野サーカス”)シークエン(バンダイビジュアル)
ウルトラマンメビウス Volume 6
第21、22話は、メビウスがミライの姿を借りるモデルにした青年バン・ヒロトの物語で、いわば「ウルトラセブン」「地底GO!GO!GO!」の21世紀バージョン。我が国特撮映像界のVIPとも言うべき名優・平泉成がヒロトの父親役で登場。その強い説得力を感じさせる語り口と哀愁のたたずまいは、まさにいぶし銀の存在だ。23話は(バンダイビジュアル)
ウルトラマンメビウス Volume 11
クライマックス突入前の、いわば序盤戦。タケナカ最高総議長(佐原健二!!)とサコミズの対話から、サコミズの体験と身上が明かされたり、劇場版のヒロイン ジングウジ・アヤの登場。そしてヤプール復活とくれば、ウルトラマンAがいなくては始まらない。超獣ルナチクス、南夕子との34年ぶりの再会に感動。しかしながら、本ディスクで(バンダイビジュアル)
ウルトラマンメビウス Volume 4
なんと言っても圧巻は第16話「宇宙の剣豪」。第1、2話の特技監督を務めた原口智生が本編、特撮の両監督を務めた作品で、宇宙をさすらう剣豪ザムシャーが、地球に飛来してツルギとの戦いに挑む。一方オオシマ彗星が粉々になって日本を襲う危機が。このふたつの危機的状況を原口監督は、並行して描いている。特撮メインのザムシャーVS(バンダイビジュアル)
ウルトラマンメビウス Volume 2
「ウルトラマンメビウス」というシリーズには、謎を背負ったひとりのキャラクターが登場する。ハンターナイト・ツルギがそれで、第5話から8話までは、いわばその序盤戦。高次元補食体ボガールと、もとGUYS隊長セリザワの姿を借りて復讐の機会をうかがうツルギとの戦いが、メビウスの活躍と共に描かれる。第5話「ファントンの落し物(バンダイビジュアル)

このメーカー「東映ビデオ」で話題の商品は?

男たちの大和 / YAMATO
2005年4月。鹿児島県の漁師・神尾(仲代達矢)はかつて戦艦大和の沈んだ地点まで一人の女性・内田真貴子(鈴木京香)を連れて行くことに。かつて大和の乗組員であった神尾は、およそ60年前の、あの戦争の日々を思い起こしていく……。辺見じゅん
仮面ライダー電王 ファイナルステージ&番組キャストトークショー
2007年1月~2008年1月、テレビ朝日系で放映され、大好評を博した特撮ドラマ『仮面ライダー電王』。本作のキャストが顔をそろえ、2008年1月26日&27日に行なわれた俳優・声優による“ファイナルトークショー”と、“電王”たちが繰り広げる